診療方針

診療方針

  1. どのような症状や状態でも、まずに気軽にご相談ください。病状に応じて診療し、必要に応じて適切な病院へのご紹介などと対応いただくことで地域医療の迅速化と円滑化をはかります。
  2. 病状の重症度にかかわらず丁寧に説明し、患者様にご理解いただいた上で治療を行います。また急に症状が出現した際も極力対応させていただき、点滴や投薬など適切な医療を提供させていただきます。
  3. 在宅医療の支援:
    特にがん患者の疼痛、苦痛の緩和に努めることで在宅での生活をサポートし、御家族とともに過ごせる貴重な時間を提供します。
  4. がんの早期発見:
    上部消化管内視鏡や腹部エコーを導入して、二次健診を強化。がんの早期発見し、早期に治療を受けられるように努めます。
  5. 生活習慣病に対する対策:
    大病院では相談しにくい些細なことにも丁寧に時間をかけておはなしし、若年期からの成人病を支援します。

将来の目標

  1. 地域のがんや成人病をはじめとした各種疾病の早期発見および罹患率の低下。
  2. 健康な高齢者を目指しできるだけ在宅での生活を目指す。
  3. 末期状態でも在宅医療で症状の緩和などを行い、できるだけ自宅で過ごせる時間を長くする。