脂質異常症について

脂質異常症とは、血液中の脂質(コレステロールや中性脂肪)が増えた状態のことです。この状態が長く続くと血管内の壁に脂質が沈着し動脈の壁が厚く硬くなっていきます。その結果、心臓では狭心症や心筋梗塞、脳では 脳梗塞など命にかかわる合併症を招きやすくなります。
脂質異常症は痛くもかゆくもなく、全く自覚症状がありません。自覚症状が出たときには、すでに合併症を起こしている可能性が高い病気です。

なお、2007年より名称が「高脂血症」から「脂質異常症」に変更になりました。

血中の脂質の種類

総コレステロール 血液中すべてのコレステロール
LDL(悪玉)コレステロール 肝臓から体の組織にコレステロールを運ぶ役目
HDL(善玉)コレステロール 余分なコレステロールを体の組織から回収する
中性脂肪(トリグリセライド) エネルギーになる。食後は高くなる。

脂質異常症の診断基準(空腹時)

高LDLコレステロール血症 LDLコレステロール 140mg/dl以上
低HDLコレステロール血症 HDLコレステロール 40mg/dl未満
高トリグリセライド血症 中性脂肪(トリグリセライド) 150mg/dl以上

予防や治療の食事は?

  • 脂質異常症の予防・改善にはバランスのよい食事が大切です。
  • ふだんの食生活を見なおし、夜遅くに食べることは控えましょう。
  • 適正なエネルギーを摂取し、肥満を予防・解消するため標準体重を目指しましょう!!

標準体重=身長(m)×身長(m)×22

ひかえたほうがよい食品

コレステロールを多く含む食品例

卵黄、内蔵、魚卵(いくら)、ししゃも、しらす干し、イカ、タコ、エビ、肉の脂身、乳製品(バター、生クリーム)

注意したい料理

油が多く使われているもの、卵やエビなどコレステロールが多く使われているものは避けましょう

おすすめしたい食品

  • コレステロールの蓄積を防ぐ食物繊維を多く含むもの(野菜、海藻、きのこ)
  • 肉より魚(青魚)、大豆製品、肉はとりのささみがオススメ
  • 油を使う場合は植物油(ベニバナ、サラダ、オリーブ)

中性脂肪の高い人は糖分やお酒を控えめに!

糖分の多い食品例

お酒は1日ビール1本程度に☆

タバコはやめましょう

タバコをやめるだけで心臓病発作の危険性は半減するといわれています。

睡眠を十分とり、リラックスした時間をもちましょう

ストレスがたまると、血糖値や血中の脂質があがってしまいます。リラックスする時間をとりましょう。

生活の中に運動を組み込もう

運動によって血行が良くなると、中性脂肪や悪玉コレステロールを低下させて善玉コレステロールを上昇させる働きがあります。
運動の効果が現れるまでには個人差がありますが数ヶ月かかるといわれています。
気長に続けましょう。

運動療法

  • 無理のない軽度の運動
  • 1日30分以上を週3回

例えば・・・

有酸素運動(歩行、体操、水泳、サイクリングなど)生活の中で徒歩の習慣をつける、エレベーターを使わない

薬物療法でより確実に!

食事療法や運動療法でも治療の目標値まで下がらなかった場合は薬物療法を行います。

治療に使われる薬は非常に効果がありますが、いくら効果のある薬でも薬をやめると元に戻ってしまいます。食事療法によりお薬の量を減らすこともありますが、自己判断で中断せずにコントロールしていくことが重要です。